思い切りメイクして、どこか行きたい。十十虫は夢を見る 8 (ボニータコミックスα)作者: 幹本ヤエ出版社/メーカー: 秋田書店発売日: 2016/10/14メディア: コミックこの商品を含むブログを見る

梨が美味しい季節です。 考えることたくさんあるよー…。黒猫の約束あるいは遡行未来 (ハヤカワ文庫JA)作者: 森晶麿,丹地陽子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/10/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

よくあること

嬉々と踏み込んだ新しいところに、自分がどうしても受け入れきれないものがあって、いっとき我慢しようとしたのだけどどうしても駄目で、小さなことだけど結構悩んで、ファイナリー、やめることにした。 距離を考えるって大事なことで、自分の嗜好を周りに発…

楽しみ黒猫の回帰あるいは千夜行路作者: 森晶麿,丹地陽子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/12/09メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

【本日購入本】最後の瞬間のすごく大きな変化/あこがれ/Monkeyあこがれ作者: 川上未映子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/10/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る

本日購入本 Boy's Surface/霊応ゲーム/白光の召喚者白光の召喚者 (魔法師グリーシャの騎士団)作者: リー・バーデュゴ,吉田ヨシツギ,田辺千幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/06/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

ぽつぽつとまた二次創作書き始めて。 前に、二次は苦手だでも書いちゃう云々の話をしたような気がします。 今また書きはじめて思うのですが、一次を書くときの感覚とは全く違う感覚で二次を書けるようになったなあと。ように、一次のインスピレーションとは…

「甘いワナ」をリピートリピート。快新です。することは沢山あるはずなのになにをすればいいかもわかっているのにうようよする自分に叱咤してくる彼女。霊応ゲーム (ハヤカワ文庫 NV レ 5-1)作者: パトリックレドモンド,Patrick Redmond,広瀬順弘出版社/メー…

まじ快1巻読みましたが、普通にとても面白かったです。 また二次創作の熱がじわじわきています。街角の書店 (18の奇妙な物語) (創元推理文庫)作者: フレドリック・ブラウン,シャーリイ・ジャクスン,中村融出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2015/05/29メ…

ふと。 落ち着いたら、ブログのほうでひとり企画やろうかと。 今は無理だけども、来冬あたりにでも。 考えてるのは、ある一文字のお題で思いつくおすすめの本をあげていくヤツです。 お題にそった本を紹介するというものを他のブログ様でよく拝見させていた…

四季彩のサロメまたは背徳の省察作者: 森晶麿,丹地陽子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/04/22メディア: 単行本この商品を含むブログを見る楽しみすぎて。

教授から勧められた映画「カポーティ」を観た。描かれているカポーティの人物像にまず驚きました。作品から想像するカポーティは繊細で少年のあどけなさを残している天才というイメージがあったのですが、この映画の彼はまさに「冷血」「偽り」。彼のノンフ…

ブックカバーを注文した。サイズは新書。 新書のブックカバー持ってなくていつもあればなあ...と思っていたので。 そういえば洋書(ペーパーバック)サイズのブックカバーってないですよね…。サイズ微妙に違うのばかりだし海外ではブックカバーなんてしない…

読メの読みたい本を整理。国内小説 318冊 翻訳 294冊 少女小説・漫画 106冊 (2015/3/31)

No.6ってディストピアなんだな。うん、たしかに。 そういや友人がディストピアでゼミ論書いてたな。華氏とか電気羊とかオーウェルとか。創作をもそもそと書いたり勉強したり。 ガリガリ勉強することが多すぎて大変です。怪盗の伴走者 (ミステリ・フロンティ…

No.6 を再度観たり読んだり。 Mr.childrenの「掌」とのマッチすごいってまぁそうなんだけど。私のなかで「掌」は光炎のウィーザードが一番しっくりくるんだなあ。No.6はMr.childrenの「少年」のほうがぴったりくる。あれはやばい。どこかに「少年」のMAD落ち…

部屋を掃除しつつ、カリカリ勉強。 最近本を開いてもなかなか読み進められなくて積み本がたまっていっています。漫画と少女小説は読むのですが。たぶん、講義が始まったらなんだかんだ刺激されてまた読み始めるとは思うのですけれど、ちょっとぐらついていま…

息がつまる、……んですねえ。したことないことすると身体の糸がピンと張るからか。 なるべくゆるく、自分の調子を崩さず、と思うけれども、なにしろその自分の調子というのがのんびりしすぎて、逆に周りがぎすぎすしてしまう悪い雰囲気。で、息がつまると。 …

旅レポート4古都へ行ってまいりました。一泊。 何度も来ているので、郊外に足を運びたいと思っていたのですが、時間の都合あってなかなか行けませんでした。でも行きたいと思っていたお店でぜんざい食べられたので良かったです。少しはずれたところにあるお…

旅レポート3遠出して美術館行ってきました。日帰り。 2年前に行ったところです。あのときは雪で列車が止まったほど寒かったんですが、今回は日が照って港の横や駅まで散策できました。春です。 欲しかった図録も手に入れたし、カフェでゆっくりできたし、…

昔のコナン君を掘り起こして読んだり観たりしてますが。174の「二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件*1」。神回すぎてどぎまぎしてます。ここまで大興奮したのはいつ振りだろう。十角館以来かな。OPがMysterious Eyesくらいからの絵が好きです。蘭ちゃ…

映画ムーミン観てきました。 どのシーンも凝ってあり、美しくて、可愛くて、どのコマも切り取ってじっくり眺めたくなりました。ヤンソンワールド全開。あの、ラストのどこぞの孤高くんの台詞にやられました。待ってたとか可愛すぎる。2月に入って、本が、ま…

旅レポート2。温泉2泊してきました。がちの観光地なのであまりのんびりできなかった…。残念。身体の調子が悪かったせいもあるけれども。友人たちは楽しそうでした。でも旅館のごはん、おいしかった。ちょっとはずれた神社は息が吐けました。雪見れたのも嬉…

旅レポート1。 夢の国に行ってまいりました。(本当は違う目的で行ったんですけどね...チケットが取れなかったのでなくなく)アナの限定の食べ物をひたすらもしゃもしゃ食べたり飲んだり。パレードは強風で中止でした。残念。風で舞っているポップコーンを…

とりあえず一息ついたかな...。旅行のことをずっと考えていよう。 今度行くところには、文庫化した『道化師の蝶』と『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』をお供にしよう。アルオスメンテ新刊楽しみだー。

去年の本事情振り返りいろいろ去年読んだ本 208冊 購入冊数 182冊 去年できた積み本 14冊 図書館本率 21%(44/208)

春に旅の予定を次々と埋めてる。 春って昔からすんごい苦手で、体調悪くなるわ情緒不安定になるわでいい記憶がない。一切何も考えないで一人自転車を乗り回して気分悪くなったりふいに本たちを燃やしたくなったりしてしまう。あとだいたい食欲ない。旅に出て…

ずっとスイッチオフにしていて、今日オンにしたら、一気に物事が次々にあたってきてふらふらしています。ヨーロッパのEU離脱の動きのニュースみたり、今日の帰りに買った文學界読んだり。ナム・リーの短編読んだり。たまにすごくうんざりする瞬間があったり…

【本日購入本】ナタリー/夜間飛行/天然理科少年年初めに成り行きで動物園行ったんですが、なんだか動物園ってワンダーランド。

コナン君の失踪事件面白かった。 なぜかいっとき服着ないあざとコナン君に最強の嫁蘭ねえちゃん*1に哀ちゃん*2。ラスト月下の奇術師さんにもってかれたとこがさすがというか*3。哀ちゃんに薬ねだるコナン君も振り回される蘭ちゃんも可愛かったなあ。 新刊も…

もう数年したら新聞なくなってしまうのだろうな、と思いながらさびしく手に取って読んでる。「まじっく快斗」みてても昔と今じゃ、快斗が教室で手に持っているのが新聞からタブレットに変わってますもん。もしかすると本もすべて電子化になってしまうかもし…

オレンジチョコレート食べてる。今週はヘヴィだなあ。頑張ろ。

スイッチが入らない......。そろそろまずい。といいつつモディアノ読んでる。

図書館で借りて帰りにカフェで読んだ、モディアノの『さびしい宝石』(原題:La Petite Bijou ) がすごく好きだった。最近ぎずぎすしたものばかり読んでいたのでなんだか救われた。こういうの書きたいなあ。昨日読んだ、同じくフランスの『僕と彼と彼女と』も…

12月は大事な月なのでコトコトすすめていこうと。 ゆっくりと大切に使います。

11月に観た映画いくつか 「千年の祈り」 イーユン・リーの"A Thousand Years of Good Prayers" 原作。 原作に忠実。静かで良い映画だなあと思えた映画でした。 「夜のとばりの物語」 フランスのアニメーション。 影と色とデザインと、演出が美しかった。 「…

コナン君をよく観てた。映画は「迷宮の十字路」が大変好きです。その次に「天国へのカウントダウン」「ベイカー街の亡霊」で、それらの次に「天空の難破船」。最新作の「異次元の狙撃手」は色んな意味で本格派だったように思います。次は2015年4月ですか…。…

目が滑る。珍しく予習が早く片付いたので早く寝よう。

空白の週末。小公女 (新潮文庫 ハ 10-1)作者: フランシス・ホジソン・バーネット,畔柳和代出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/10/29メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

明日のお供は、サリンジャーとカーリー。図書館でカーヴァーを借りる予定。 お金をためるため、図書館詰め。

【本日購入本】 カーテン/嘘最近ずっと図書館本で生きてたんですが、読みたい本が検索に引っかからなくなったので、そろそろ書店へシフト。海外作品を読む友人にかじりついています。切実に文庫増やしてください。読みたい本が目の前にあるとわくわくします…

ぐるぐると発狂しそう。 そんなこというとしてみ、と返され、わたしはきっとどうなってもそうはならないと思われてるんだなあと温かくなる。理性的ってほめ言葉かな。上橋菜穂子さんのエッセイが、読むと涙が止まらなくなるので読み進めないでいる。なにもか…

【本日購入本】遠田志帆画集/夏の塩/おこぼれ姫と円卓の騎士 恋にまつわる四行詩/明日は、いずこの空の下とうとう高熱が出てしまった。 そして本を衝動買いしてしまった。 上橋さんの旅エッセイ、ゆっくり読んでます。熱があるせいか静かな、それでいて温…

朝、一冊読み終わったあとの午後、身体の調子がおかしくなり、起き上がれなかったんですが、夜に回復しました。一日分やり終えました。少し満たされつつ、やはりもっと早くしておけばという後悔の念がぬぐえませんが、とにかく今残った時間をあがくのだ*1と…

夜になると冷えてきました。悶々と泳ぎつつ、時間を忘れてひたすら本読む所行。解錠師読みたくてうずうずします。

気を抜くとすぐ夜更かしが癖になってしまっていけない。 身体の調子も悪いし。念願のハヤカワフェア手に入れました。解錠師、時の娘、召喚者。 オルガの心臓は思ってたとおり良かった。 やっぱりほしくなったものがあるので、いっとき散財しないようにしよう…

今日はぎょうざを作りました。お手伝いですが。ぐらぐら揺れてます。ここで決めないとずっとぐらぐらしそうな気がします。 明日こそ本とパンを買いに行きます。

ナポリタンっぽいパスタ作りました。 意外とささっとおいしくできました。あといい加減逃げるの止したほうがいいと思うのですが、そう思うと私は逃げないことをした覚えがないなと。これを良しとするか悪しとするか、さてどうしましょう。

点滴しました。 今夏は大丈夫みたいだと楽観してましたがやはりというか。ずっと続いてる微熱も早く下がってほしいです。 家にいると読書が進みます。楽しい。

日帰りで少し遠出して美術館にいってきました。満足。 新幹線で本読むとちょっと格好がつく気がして楽しかったです。 この休みの間にまたどこか遠出したいなー。どこにしよう。高里さんの小説にはまりそうな予感がします。