もう数年したら新聞なくなってしまうのだろうな、と思いながらさびしく手に取って読んでる。「まじっく快斗」みてても昔と今じゃ、快斗が教室で手に持っているのが新聞からタブレットに変わってますもん。もしかすると本もすべて電子化になってしまうかもし…

オレンジチョコレート食べてる。今週はヘヴィだなあ。頑張ろ。

スイッチが入らない......。そろそろまずい。といいつつモディアノ読んでる。

図書館で借りて帰りにカフェで読んだ、モディアノの『さびしい宝石』(原題:La Petite Bijou ) がすごく好きだった。最近ぎずぎすしたものばかり読んでいたのでなんだか救われた。こういうの書きたいなあ。昨日読んだ、同じくフランスの『僕と彼と彼女と』も…

12月は大事な月なのでコトコトすすめていこうと。 ゆっくりと大切に使います。

11月に観た映画いくつか 「千年の祈り」 イーユン・リーの"A Thousand Years of Good Prayers" 原作。 原作に忠実。静かで良い映画だなあと思えた映画でした。 「夜のとばりの物語」 フランスのアニメーション。 影と色とデザインと、演出が美しかった。 「…

コナン君をよく観てた。映画は「迷宮の十字路」が大変好きです。その次に「天国へのカウントダウン」「ベイカー街の亡霊」で、それらの次に「天空の難破船」。最新作の「異次元の狙撃手」は色んな意味で本格派だったように思います。次は2015年4月ですか…。…

目が滑る。珍しく予習が早く片付いたので早く寝よう。

空白の週末。小公女 (新潮文庫 ハ 10-1)作者: フランシス・ホジソン・バーネット,畔柳和代出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/10/29メディア: 文庫この商品を含むブログを見る

明日のお供は、サリンジャーとカーリー。図書館でカーヴァーを借りる予定。 お金をためるため、図書館詰め。

【本日購入本】 カーテン/嘘最近ずっと図書館本で生きてたんですが、読みたい本が検索に引っかからなくなったので、そろそろ書店へシフト。海外作品を読む友人にかじりついています。切実に文庫増やしてください。読みたい本が目の前にあるとわくわくします…

ぐるぐると発狂しそう。 そんなこというとしてみ、と返され、わたしはきっとどうなってもそうはならないと思われてるんだなあと温かくなる。理性的ってほめ言葉かな。上橋菜穂子さんのエッセイが、読むと涙が止まらなくなるので読み進めないでいる。なにもか…

【本日購入本】遠田志帆画集/夏の塩/おこぼれ姫と円卓の騎士 恋にまつわる四行詩/明日は、いずこの空の下とうとう高熱が出てしまった。 そして本を衝動買いしてしまった。 上橋さんの旅エッセイ、ゆっくり読んでます。熱があるせいか静かな、それでいて温…

朝、一冊読み終わったあとの午後、身体の調子がおかしくなり、起き上がれなかったんですが、夜に回復しました。一日分やり終えました。少し満たされつつ、やはりもっと早くしておけばという後悔の念がぬぐえませんが、とにかく今残った時間をあがくのだ*1と…

夜になると冷えてきました。悶々と泳ぎつつ、時間を忘れてひたすら本読む所行。解錠師読みたくてうずうずします。

気を抜くとすぐ夜更かしが癖になってしまっていけない。 身体の調子も悪いし。念願のハヤカワフェア手に入れました。解錠師、時の娘、召喚者。 オルガの心臓は思ってたとおり良かった。 やっぱりほしくなったものがあるので、いっとき散財しないようにしよう…

今日はぎょうざを作りました。お手伝いですが。ぐらぐら揺れてます。ここで決めないとずっとぐらぐらしそうな気がします。 明日こそ本とパンを買いに行きます。

ナポリタンっぽいパスタ作りました。 意外とささっとおいしくできました。あといい加減逃げるの止したほうがいいと思うのですが、そう思うと私は逃げないことをした覚えがないなと。これを良しとするか悪しとするか、さてどうしましょう。

点滴しました。 今夏は大丈夫みたいだと楽観してましたがやはりというか。ずっと続いてる微熱も早く下がってほしいです。 家にいると読書が進みます。楽しい。

日帰りで少し遠出して美術館にいってきました。満足。 新幹線で本読むとちょっと格好がつく気がして楽しかったです。 この休みの間にまたどこか遠出したいなー。どこにしよう。高里さんの小説にはまりそうな予感がします。

やっと本格的な夏休みがきました。 風が秋に近づいてきてます。手足のばして旅に出ます。

微熱がつづいてる。なんとなく身体が重い。せっかくもらったのでラミネイトコーティングを何冊かしようと思うがどれにしようか迷ってる。昔の角川文庫がカバー*1ぼろぼろなのでバッテリーあたりやろうかとか単行本の獣の奏者もぼろぼろだもんなとか創元推理…

本読みたい…高校野球観たい… なんとか断ち切りたい。い。

映画の見方がいまいちよくわからない。 ああしてもこうしてもなにかちがうような気がしてさびしい気持ちになる。小説はやっと最近分かってきた気がするのに。友人たちとお茶したりランチしたり温泉行ったりしました。そろそろ腰をすえてあれやこれや励んでい…

入道雲。アイス。あとちょっと。本当の夏がくる。

月に二度も劇場に行く贅沢をしました。突然あるこの偏頭痛どうにかしたいです。あまり薬に頼りたくないけどなあ。 窓から入る風がすずしくて、とても満ちた気分になりました。夏も大好きだけれどやはり秋が恋しい。 一度部屋にある蔵書を一から全部読みたい…

冷蔵庫のアイスが底つく。ぽつぽつ読書してます。 「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」ハルキのエッセイ。タイトルに引かれて。「弘海 息子が海に還る朝」市川拓司さんの。久方ぶりに再読。長野まゆみさんの「魚たちの離宮」これも再読。涼しくな…

マーニー観てきました。 トマトが食べたくなって冷製パスタ食べた。私の生トマトきらいは気のせいではなかったらしい。 今年に入ってからはじめて劇場行きました、たしか。大スクリーンはいいですね。劇場は行くたびまた来たいなと思うのだが、なかなか。マ…

ちょっとずつ前へ。夜間飛行 (新潮文庫)作者: サン=テグジュペリ,堀口大學出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1956/02/22メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 75回この商品を含むブログ (158件) を見る

今週もやっと終わったとひと息。言葉をつむぐのも億劫で言葉を追っては眠る。青い野を歩く (エクス・リブリス)作者: クレアキーガン,Claire Keegan,岩本正恵出版社/メーカー: 白水社発売日: 2009/12メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 84回この商品を含む…