この世は生きる価値があるもんなんだ、

駿さん、お疲れ様でした。